相続の開始|大阪で相続にお困りの方へ!SINプロパティコンサルティングが皆様のお悩みを解決します。

お気軽にお電話ください TEL:06-6713-5553 SIN相続・承継サポートセンター 【受付時間】9:30~18:30 土・日・祝定休

shadow
  1. SIN 相続・承継サポートセンター
  2. 相続について
  3. 相続の開始

相続の開始

相続はいったい、いつ開始するのでしょうか?

相続は被相続人の死亡の瞬間に、当然に開始するものであって、相続人が被相続人の死亡したことを知っていたかどうか、自分が相続人であることを知っていたかどうかといったことは全く関係ありません。

誰が相続人になれるの?

相続人の範囲は民法で定められており、これを法定相続人といいます。遺言などによる特別な指定がある場合を除けば、この民法の規定が基本的に適用されます。 法定相続人には、以下のような2つの種類があります。

1. 配偶者

配偶者は常に相続人になります。 なお、この配偶者とは法律上の婚姻をしている者のことであり、単なる内縁関係にある者は含まれません。

2. 血縁関係

子およびその代襲相続人

子は配偶者とともに相続の第一順位とされ、存在する限り常に相続人となります。子が複数いる場合は、男女、誕生順序、実子・養子、嫡出子・非嫡出子の区別なく、同順位で相続します。
子が既に死亡しているような場合や相続欠格・廃除となっている場合は、更にその子(被相続人からみた孫)へと相続権が移ります(代襲相続)。代襲者である孫に代襲原因(死亡・欠格・廃除)があれば、その子(曾孫)が更に代襲相続することができます。

直系尊属

被相続人に子がいない場合は、直系尊属が相続人となります。直系尊属とは、父母、祖父母、曾祖父母というように、直上する血族のことをいいます。
被相続人に父母がいる場合は、祖父母は相続権はありません。また、直系尊属には代襲相続権というものがありません。

兄弟姉妹およびその代襲相続人

被相続人に直系卑属(子など)や直系尊属がいない場合に限って、兄弟姉妹が相続人となります。 ここでも代襲相続が認められますが、子の場合と異なり、一代限り(亡くなった方から見て甥、姪まで)しか代襲相続は認められません。

相続人と順位

相続人と順位については以下をご覧ください。

相続人と順位

法定相続分とは

法定相続分とは、相続財産の分け方の一応の基準となる相続割合のことで、民法で次のように規定されています。

A 配偶者と子供が相続人である場合
⇒ 配偶者1/2 子供(2人以上のときは全員で)1/2
B 配偶者と直系尊属が相続人である場合
⇒ 配偶者2/3 直系尊属(2人以上のときは全員で)1/3
C 配偶者と兄弟姉妹が相続人である場合
⇒ 配偶者3/4 兄弟姉妹(2人以上のときは全員で)1/4

※なお、子供、直系尊属、兄弟姉妹がそれぞれ2人以上いるときは、原則として均等に分けます。
また、民法に定める法定相続分は、相続人の間で遺産分割の合意ができなかったときの遺産の取り分であり、必ずこの相続分で遺産の分割をしなければならないわけではありません。

相続に関することなら、何でも無料でご相談を承ります。SIN相続・継承サポートセンター お気軽にお電話ください!TEL:06-6713-5553

【受付時間】9:30~18:30 土・日・祝定休

無料相談受付中!

このページのトップへ