相続について|大阪で相続にお困りの方へ!SINプロパティコンサルティングが皆様のお悩みを解決します。

お気軽にお電話ください TEL:06-6713-5553 SIN相続・承継サポートセンター 【受付時間】9:30~18:30 土・日・祝定休

shadow
  1. SIN 相続・承継サポートセンター
  2. 相続について

相続について

不動産を中心とした専門家ネットワーク相続について初めての方もお悩みの方も、SIN相続・承継サポートセンターが全力でサポートします。

不動産に特化した弁護士をはじめ、不動産を中心とした専門家ネットワークを構築しているSIN相続・承継サポートセンターなら、お客様の持つ相続に関するお悩みを解決することができます。

相続とは

相続というのは、人が亡くなったときに、死亡者(被相続人)の財産的な地位を、その人の子や配偶者など一定の身分関係にある人(相続人)が受け継ぐということです。
つまり、被相続人に属していた権利義務が、包括して相続人に承継されることをいいます。

相続は一部の資産家の話だとあまり気にかけない人がいますが、遺産の分割などの問題はどの方にもあてはまります。相続はプラスの財産だけではなく、借金などのマイナスの財産も対象となります。

社会では争続と言われるように相続は紛争につながりやすい問題が多々あります。
そうならないために、不動産コンサルタント、弁護士、税理士などの専門家を上手く活用して対処する必要があります。

相続に関する対処方法

お客様の相続コーディネーター相続で重要なことは専門家を上手に活用することです。
専門家の活用と言っても、単純に相談すれば良い訳ではありません。
というのも、専門家にも得意な分野と不得意な分野があります。
弁護士さんが全てを解決できる訳ではありません。
税理士さんが全てを解決できる訳ではありません。

要するに、問題に合った専門家に対処してもらうのが一番ということです。

しかし、どの専門家に相談すればいいのかわかりません。
そこでSIN相続・承継サポートセンターがお客様の相続コーディネーターとなり、解決へと導きます。

相続対策

相続対策とは、相続人同士が争う『争族』を避け、自分の遺志を実現することです。
生前に遺言書を作成することで、思いのままの遺産分割ができるとお考えの方も多くいます。

しかし、遺言書にも限界があります。
例えば、以下のような事例をご覧ください。

Aさん(68歳)の財産は、今までの貯蓄と退職金合わせて約5,000万円と自宅、親から相続したマンションです。退職後は年金とその不動産収入が主な収入です。
Aさんには、妻Bさんとの間に子供がおらず、Aさんの相続人は妻BさんとAさんの弟Cさんです。
Aさんは、自分が死亡したら妻Bさんに苦労させたくないので、遺産は妻Bさんに多く譲りたいと考えています。しかし、妻Bさんが死亡したときは、妻Bさんの相続人ではなく、弟Cさんに相続させたいと考えています。

Aさんの家族関係図

対策としては、どのようなものが考えられるでしょうか?

相談者Aさんの遺志を実現するには、単純な遺言書では妻Bさんの死亡後は特定できません。
そこで『民事信託』を活用し公正証書遺言で『信託』を設定。設定内容は、妻Bさんが生存している間はマンション収入を受け取れるようにし、妻Bさんが死亡した時点で信託が終了。
財産すべてを弟Cさんが相続するように『信託』を設定しました。

このように、人にはそれぞれの事情があります。
自分の遺志通りに財産分割を実現するには、民法・税法に基づき、相続人同士が争わないよう、さまざまな対策手法の中から、最善の対策方法を選択することが、相続対策として重要になります。

相続の基本

相続に関することなら、何でも無料でご相談を承ります。SIN相続・継承サポートセンター お気軽にお電話ください!TEL:06-6713-5553

【受付時間】9:30~18:30 土・日・祝定休

無料相談受付中!

このページのトップへ